2005年11月08日

レイアウトが…

このブログって、見た目…どうなのかなぁ…

前々から気にはなっていたんですが。

なんていうか、見づらいような気がするんですよね。
まあ文章が冗長で文字ばっかりなのは、
ワシの文才の無さと節操の無さ故なので別にいいとして(よくねーよ)、
ちょっと字がちっちゃいんじゃないかなぁ、と。
これでもデフォルトより少し大きくして有るんですけどね〜。

文字の大きさが絶対的にポイント指定されているんですけど、
ブラウザの標準文字サイズの設定を受け付ける方が、できれば望ましいよなぁ。
文字サイズが固定されているサイトって、大抵どこも文字が小さいですよねぇ。
パッと見では確かに字が小さい方がスキッと綺麗に見える気はしますが、
まともに読むとなると字が大きい方が目が疲れなくていいよなぁ。
ワシは特に目が疲れやすいので、そう感じるのですよ。

ポイント指定を外すことは出来るけど、
それをすると今までの改行の位置とかおかしくなっちゃうし、
他にもレイアウトに影響が出そうなので、安易には出来ないよな…

それと、色。
ワシに色彩的なセンスが無いのは、…これも悩ましいところなんですが。
こればっかりは、今まで生きてきた中で進歩の気配が無く改善策も全く分からないので、
仕方のない事なので別にいいとして(よくねーよ)。

横幅が800で固定というのもねぇ。個人的にはひっかかるのです。
広い画面で見ていても横幅を使い切れないというのは、どうも少し勿体ない気がして。
長文多いんで、あんまり縦に長くなると一項目の長さとかが分かりづらいですしね。
これも、ただ枠を外して横幅をフルにするだけなら簡単ですけど、
タイトル部分の背景の「月と山らしき画像」が横幅800で固定だからなぁ。
これをどうにかしようと思うのなら、なんか工夫しないと。

なんにせよ色々めどいので、積極的にいじる気がおきんのですよね〜。

いじった所で良くなるとも限らないしなぁ。
デフォルトで提供されているレイアウトは、それなりに考えられて作られた物なんでしょうしね。
結局どんな形態にしたところで、何かしらの違和感は感じるのかも。

あとこのブログの「タイトル」も、今となってはどーかなと思わなくもないですが、
だからと言って今更変えるつもりも全く無かったり。(`・ω・´)
posted by ひりろ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

シコースキー解雇

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工!??

各紙サイトに速報が出ていますが…
うわーわけわかんねー。

推定年俸5000万円で、今年の成績によるアップまで考えてもまだまだお得でしょうに。
まるで金がない球団が恥を忍んでやるような使い捨てじゃないですか。
これこそ「解雇の理由が知りたい」だわ。セドリック・ホルツの上をいってます。

無理矢理、理由を考えるなら。
・実は使いすぎて故障が出てしまっている。もうボロボロ。
・下交渉であり得ないほど吹っかけられた。
・実は原がシコースキーのことを嫌い。
・ていうか外人の先発投手を取りたいという編成の方針。
・ていうかクルーン強奪の目処が付いたからもう要らない。(・・・・・)
・シコースキーにスキャンダルが有った。巨人がもみ消しているので表に出ていない。
・心機一転出直すために、助っ人外人総入れ替えだ! などと変なスローガンを立ててしまった。
・フロントの事務的な手違いでミセリと間違えて通達をしてしまった。
・高名な占い師にチームを占って貰ったら、シコースキーを切らないと未来がないと出た。
・シコースキーを解雇しないとお前の家族を殺すという脅迫文がナベ○ネ宛に届いた。
・夜遊びに出ようとして二階の窓から飛び降りたら右足を骨折した。
・ポスター撮影のためにジャンプしたら足を捻挫した。
・携帯電話が顔面に当たった。
・麻雀賭博している所を見つかった。
・入団時に栄養費をもらっていた。
・TBSの株を大量取得していた。
・ょぅι゛ょの前で脱いでシコースキーJr.を見せつけた。
・そもそも名前が微妙に卑猥だ。

あーわかんねー!
いくらチームの方針にしたって、桑田に一億五千万払って残留させて、シコースキーは首って…
やっぱおかしな事やっているようにしか見えないよ〜。
もうきっとこれでしょ。
・血迷った。

この一言に尽きるね…
posted by ひりろ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

大学駅伝選手権

大学駅伝の優勝は、日大でした。14年ぶりの優勝おめでとう。

それにしても、留学生という名の助っ人アフリカ人がどんどん増えていきますね〜。
日大もケニア人のサイモンが5人抜きの活躍でした。

第一工大という大学が、留学生を三人も揃えちゃってまぁ。
その留学生を最初の方にまとめて、前半を首位で走って目立とうという作戦なんですかね。
大学の名前をアピールするため…なのかな、やっぱり。

専業プロスポーツでもないのに、
わざわざ故郷を離れてこんな異国の地にやってくるんですから…
留学生ってのも、何というか、すごいよなぁ。
まあおそらく、母国でマラソンやりつつ食べていくのは尚のこと大変なんでしょうからね…。
日本の大学もいい選手をスカウトするとき、お金渡したりとかしているのかなぁ…?

何日か前の報道ステーションで、
ケニア人留学生のハシリ、山梨学院大のオツオリ選手が紹介されていましたね。
衝撃的なごぼう抜きで、当時ちょっとセンセーショナルでした。
西武の西口文也投手のあだ名「オツ」の由来にもなっている人ですね。
オツオリ、山梨学院大を出た後は実業団に入って…
その後一度は帰国したそうですが、現在も日本にいて、
大工をしながらコーチ兼選手として頑張っているのですねぇ。
やっぱり日本の環境は恵まれている方なのかな。

その山梨学院大は、オツオリの後もコンスタントにケニア人留学生を入れ続け、
今年のモグスも最後の区間で驚異の11人抜きですよ…。とんでもないなぁ。
まさに一人でシード権を勝ち取ってしまった感じ。

そんな留学生流行りの学生駅伝界ではありますが、強豪の駒大は全て日本人。
第一走者が思いっきり遅れてしまい苦戦しましたが、それでも三位に入り込みました。
ごぼう抜きは出来なくても、質の高い選手が沢山揃っていて、やはり強いですね〜。

駒大までもがなりふり構わず、日大のサイモンや山梨学院大のモグスみたいな選手を
入れちゃっとしたら… ちょっと勝負にならなくなってしまいますよねぇ。
そうでなくても、どこか「全員ケニア人」なんてことをやる大学が出てきたら…!?
…まあそんなん事をしたら批判も強まるでしょうから、
あんまり良いアピールにはならないかもしれませんが。

結構脆いバランスで保っている状態かもしれませんねぇ。
でも別に優勝賞金目当てでやっているわけでもないし、
さすがにそんな極端なことをする所はでてこないかな。
今のところは、第一工大のやっている事ぐらいが精一杯でしょうか。

とにかく駒大敗れるということで、正月の箱根駅伝はどうなりますか…楽しみです。
posted by ひりろ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

ジェフ千葉 ナビスコカップ優勝

ついさきほど終わりました。
いやー、ジェフおめでとうなのですよ。
延長も0−0で決着つかず、PK戦での勝利。

120分の死闘はなかなか見応えがありました。
歓声がすごくて解説の声がよく聞こえなかったよ。
臨場感は伝わったけど、もうちょっと音を絞るとか調整した方がいいじゃないかな。
てか実況のマイクで拾えちゃうのかな。

0−0と言っても、中盤でとろとろボールが回るような重たい展開はまるで無く、
お互い攻めの形をきっちりつくてって、フィニッシュを決めさせないようにしのぎあう
手に汗握る展開でしたね。

ガンバは、宮本がいなくなって大黒も微妙に不調っぽくて、
大分に続いてFC東京に負けて…連敗中でしたからね〜。
ちょっとチーム状態がやばいんじゃないかとか思っていたんですけど。
そんなこと無かったですね。
前半はガンバが押していて、後半、延長と試合が進むに連れて
走るジェフにペースが移りつつあったという感じ。

何日も前から「大黒」と「巻」を前面に出した宣伝を流していましたけど、
大黒はひょっとしたらまたベンチスタートなんて可能性はないのかなんて
いらぬ心配をしていましたけど… 今日は何度もシュートを打って頑張ってましたね。
結局大黒も巻もゴールは決められませんでしたけど。
あの巻のファールを取られた幻のゴールは実際どうだったのか…
うーん、正直よく分かんなかった。
宮本は最後に出場していましたが、本当に万全だったんですかねぇ。

両軍走り回って厳しいプレイを続けて、延長では選手が足をつりまくってましたね。
ジェフのストヤノフ、ガンバのシジクレイが必死のクリアをする姿がやたらと目に付きましたよ。
まあどうしても風貌からして目立ってしまうのですけどねw

オシム監督の胴上げは無し、か。
「私は重すぎるので選手が怪我をしてしまうから辞退した」んですって。
昨日は昨日で
「試合に出ていない選手に落とされるかもしれない。リスクは冒したくない」(サンスポより)
…うむ。こんなような事を言って本当に断っちゃうのがオシム監督らしいというか。
まあマジで体に負担があるのかもしれませんけど。


これで、野球も千葉が優勝、サッカーも千葉が優勝ですよ、っと。
これ言うとオシムおじいちゃんが怒っちゃいますけど。

最近は野球の話ばっかり書いてましたが、今日はサッカーデーだわ。
まあ昨日のオーナー会議の話なんてのもありますけど…
その件は正直、「まあこんなもんだよな…」というか何というか。
言いたいことはいくらもあるんですけど、
それをグチグチと文字にするのにも、ちょっと疲れてきてるかも。ヽ(;´ー`)ノ

やっぱスポーツは、裏側のゴタゴタ以前に、
プレイ自体を見て楽しむのが基本よね。当たり前だけど。
明日も大学駅伝選手権があるしな〜。見る物はいくらでもあるのですわ。
posted by ひりろ at 16:55| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

興農×千葉ロッテ戦には誰が…

昨日、興農×ロッテ戦のゲストに郭泰源や渡辺久信の名前を挙げましたけど、
そもそも郭泰源は台湾側のお仕事がありそうな気がしますし、難しい話ですかね。
いや実際どうなのかは知りませんけど。

てゆーか、トラックバックを頂いた先など、台湾球界のお話を見ていて気付いたのですが、
郭泰源や渡辺久信もいいですけど…


051104kaku.jpg
051104nabeq.jpg
かくわたなへ


もっとこのアジアシリーズ向きな人がいることを忘れていましたよ。

ロッテと台湾にゆかりの深い人が。
そう!



051104ice.jpg




これですよ〜これ。このアイスクリーム。
上戸彩の笑顔とともに「ロッテのそう!」とか言われて、ドキッとした人はワシだけじゃないはず。
もちろん上戸彩にドキッとしたのではなく、「ロッテのそう!」に、ですよ。



051104sou.jpg



台湾にゆかりが深いのは、上戸彩ではもちろんなくて、この人ですね。
ロッテの主力投手として活躍していた、荘勝男。現ロッテ二軍投手コーチ。
あのCM、あのアイスの商品名…ロッテは狙っているのか…?とか思いましたが、
十中八九ロッテにそんなつもりは全く無いんでしょうね〜。

アイスの話は全然関係ないのでこのぐらいにしまして、
この人こそ、台湾出身で、かつロッテに在籍、
まさに台湾と千葉ロッテ、双方にゆかりがある人ではないですか!

荘勝男プロフィール
http://www.so-net.ne.jp/marines/team/88.html
> マリーンズに入って良かった事  郭泰源と投げ合い、1対0で完封勝ちした試合
いいじゃありませんか。ねえ、誠泰が来ていたら、首脳陣として郭泰源と久々の再戦でしたのに。
…っても2軍コーチじゃ関係ないか。
マリーンズじゃなくてオリオンズだったろ、ってのはきっとツッコむ方が間違っているポイント。


…とは言っても、荘勝男さんは台湾球界とは疎遠になっているんでしょうからねぇ。
興農や台湾球界の紹介をする役割としては、適任ってほどでもないですね…。
郭泰源はなにせ、興農とシリーズを戦った相手の監督ですからね。
やっぱ台湾球界の話とか、いろいろ聞きたいよな〜。

まああれこれと妄想を膨らませたところで、
現実はのTBSの放送は、槙原が実況席に座っているだけでおしまいかもしれませんけど〜。
実況も、台湾側の選手を呼ぶのは、手元の選手表を見ながらだったりして。
「興農の四番打者は、背番号49の…うむぅ」
「張泰山ですね」
「張泰山です」
どこかで聞いたようなフレーズが流されたりして。

そもそも台湾側についてはほとんどスルーだったりして。
せいぜい5回の裏終了時ぐらいに、
「槙原が台湾で郭泰源に直撃インタビュー!」みたいなVTRが1分ぐらい流れて終わりとか、
試合開始時に許銘傑や張誌家のインタビューを流して終わりとか、
そのぐらいで全ておしまいだったりして。
あとはバレンタインロッテの魅力を延々と語りだしたりして。
しかも阪神の敗因まで語りだしちゃったりなんかして。

全く、駄目だなTBSは!


…って、妄想で批判してどーするのよ俺。ヽ(;´ー`)ノ


さて、そんな事より今日はオーナー会議なんですけど。もう始まったのかな?
TBSと楽天はどうなるかなっと。
posted by ひりろ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

野球:コナミアジアシリーズ代表揃う

台湾は誠泰が敗れてしまいました。
あの宣銅烈率いる韓国サムスンに続いて、
あの郭泰源率いる誠泰が来てくれれば面白そうでしたけどね〜。
台湾シリーズは興農が4連勝で、誠泰を圧倒してしまいました。

それにしても…、
日本シリーズは千葉ロッテマリーンズの4連勝、
韓国はサムスンライオンズが4連勝、
中国は北京タイガースが3連勝(5戦制)、
そして台湾は興農ブルズが4連勝。
…ついでにメジャーリーグはシカゴホワイトソックスの4連勝。
どこもかしこも負け無しの全勝優勝という、
実はものすごくレアな事態になっているではないありませんか。
ただし、中国はアジアシリーズは選抜チームで臨むとのことですが。

誠泰の監督・郭泰源は、古くからの野球ファンには説明不要でしょうけど、
西武の主力投手として、FA権を取れるほど長い間活躍した名選手です。
そして誠泰の打撃コーチは、あの呂明賜。巨人に在籍して、
デビュー当初本塁打を量産して話題になった(けどその後は苦しんだ)あの呂明賜ですよ。
対する興農で日本にゆかりのある選手は、
オリックスに在籍したものの1軍出場無く解雇されてしまった余文彬のみですか…。

日本にしてみれば、興農の勝利で話題性が減ってしまいましたね。
台湾×日本戦の放映権を持っているTBSは残念でしたね。
全くTBSは駄目だな!(関係ないか。)

郭泰源をゲスト解説で呼んでくれたりはしませんかね〜。
どうせなら渡辺久信(現西武二軍監督・日本球界引退後台湾で大活躍)とセットで。


…ところでそのTBS問題ですけど、
渡辺恒雄氏が相変わらずたびたびさりげなく過激な発言をしているようですが…
まあその話はまた後日、気が向いたら書かせてもらうと思います。
posted by ひりろ at 08:16| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

さよならハカセ

ベイスターズの山田博士は予想通り解雇されましたが…
うーんまだ出来ると思うのに。来期はどこで投げているのかなぁ…

とか思っていたら。いつのまにか中日の打撃投手になることが決まってたらしいですね(;´Д`)

あっさり辞めちゃうもんだなぁ。まあ、お疲れさま。
posted by ひりろ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ウィット・セドリック・ホルツ解雇

マジか…。
ほんと横浜は大丈夫なんでしょうか、こんなに投手解雇しちゃって。
もっといい外国人が取れる目処がついたとか、
交渉してみたら吹っかけられたから切ったとか
理由が有れば納得しないこともないんですけどねぇ。
特にセドリックは、育成目的で獲得したんじゃなかったんでしょうか?
まあ去年そこそこ働いて、大幅年俸アップしちゃいましたしねぇ…

成功した外人には年俸吹っかけられた挙げ句逃げられ、
微妙な外人はこちらからさっさと切ってしまい、
失敗した外人は言うまでもなく、機会を与えてペナントレースの足かせにした挙げ句
金を捨てただけ。

横浜のフロントは一体全体どういうつもりでいるのでしょうか…
これじゃあ何のためにスカウト活動までして外国人を連れてきているのか。
大当たりした選手が1〜2年働いてくれれば、それで十分元が取れるという考えなんでしょうか?

そのくせソフトバンクを首になったグーリンを取りに行くなんて噂があるようで…
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2005/10/26/11.html
セドリックとホルツの両左腕を首にしておいて、「左腕不足だからグーリン獲得」??
本当に何を考えているのやら。

グーリンといくらで契約できるのかは知りませんけど…
もしかしたら賢い選択・良い買い物なのかもしれません。
あるいは牛島監督が直々にグーリンに惚れ込んでいるとか…。
球団から報道・ファンに向けて、解雇の理由を簡単にでも説明してくれると
まだ考えようもあるんですけど、実際なかなかそうもいかないんでしょうねぇ。
でもファンからしてみれば、まだ戦力になるかも知れない選手が
解雇されていく様を理由も分からずただ見つめている状況には、
どうしても失望感がまさってしまうというのが本音。

別にグーリンが駄目と言っているわけではないんですけど。

…分かった! グーリンを中継ぎに回して、グーリンの遅い球とクルーンの剛速球で、
相手打者をキリキリ舞にするという作戦だな!!
セットアッパーグーリン、ストッパークルーン、こいつは混乱するぜ!

その証拠に…報知新聞のサイトに
「横浜、クリーン以外は助っ人解雇」ってデカデカと書いてありましたよ。
(今は直ってますけど。)

見よ、クルーンとグーリンがフュージョンしてクリーンが誕生しておる!
さっそく新聞が翻弄されておるわ! ワッハッハッハ!!

このまま行けば絶対、中継で「8回からグリーンがマウンドに上がります」とか
実況で間違われるぜ! てかワシも絶対間違えるね!

…なんてねー。まだグーリン獲得なんて、噂も噂なんですけどね。

まあね、ウッズやクルーンなど、比較的お安い外人から当たりを連れてくる能力は
いまだに有ると思うんですけど…
それでも横浜の助っ人外人に対する戦略というのが見えてこないですねぇ。

「年俸ダウン・主戦保証ナシで残留させる」という選択肢が横浜には無いのでしょうか?
ドミンゴ(グスマン)みたいに拾われるケースもありますけど、
大抵の首になった外人は、韓国に働き場を求めたり、
3Aに戻ってまた苦難の道を歩んだりしていますよ。
ベタンコートとウォーカーはメジャー復帰を果たし、
メローニもメジャーの控えでなんとか頑張っているみたいですが…
この3人以外の選手は、大幅減俸になっていることでしょう。
それならば、年俸ダウン交渉も可能だと思いますけど?
助っ人外人側だって、もちろん性格にもよるでしょうけど、
ハングリーさと適応への自信があれば、減俸を飲む可能性は十分あると思うんですけどねぇ。

セドリックに関しては、首脳陣と折り合いが悪かったなんて噂もあるようですが…
posted by ひりろ at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

サンデーモーニングご意見番

日曜朝の、いわゆる大沢親分と張本勲氏の「喝」のコーナー。

これ結構好きです。毎週欠かさず見ているわけではないんですけど。
二人の球界の重鎮であるお歴々が、その週のスポーツの出来事に
あっぱれだの喝だの好き好きに語る微笑ましい光景を眺めるコーナーですね。
特に張さん、考え方には正直「古いなぁ」と思わされることも多いですけど、
あれだけ思ったことをビシッと言えるのは見ていて面白いですね。
ある程度自分の考えという物を持っていないと、言えるものではないですしね。
まあたまにおかしな事を言っているなと思う事もありはしますけど、その辺はご愛敬w
何せ、言うだけ言いっぱなしのコーナーですもんね。
この番組を見ている人も、ある程度、「ああまた言っているよ」ぐらいの感覚で見ているでしょうし。

で、昨日は日本シリーズのことを語っていたわけですけど…
やはりこちらでも、お二人揃って阪神にブランクがあって感覚が鈍っていたことを強調していましたね。
あんまりそういう事ばかり言うのも、ロッテ側が純粋に強かったということを否定しているかのようで、
もっとロッテを称えてもいいんじゃないかという面もあるんですけど…。
それでも張さんが目を見開いて
「間が開いてしまうとどうしても気が抜けてしまうもんなんです!」
「猛練習するしかないんです!」
と力説しているのを聞いていると、うーんやっぱりそうなんだろうなぁ、と思いましたよ。
かつての経験者として実感している事なんでしょうしねぇ。
張本氏自身、晩年をロッテで過ごしていますし、特に阪神に肩入れして擁護しているとも思えません。
(ひょっとすると、メジャーから来たバレンタイン監督のことを苦々しく思っていたりは
 するかもしれませんけどw)

阪神にしてみれば、直前に猛練習するという対策を怠ったとも言えるんでしょうけどね。
そうは言っても、シーズンが終わったのにそこまで持っていくのは難しい事でしょうしね…。


昨日夜の、NHKサンデースポーツ。
バレンタイン監督へのインタビューを放送していました。
長時間のインタビューを編集したとのことで、面白い部分をピックアップしたんでしょうけど、
その割には当たり障りのない質問ばかりだったような気もしますが…

個人的に、敢えて今…この一段落した時期なればこそ、
失礼を承知でバレンタイン監督に聞いてみて欲しかった事があります。

「阪神はブランクが有ったと思いますが、その点をどう思いますか?
 (影響があったと思いますか? 阪神は試合勘が鈍っている感じでしたか?)」

仮に聞いたとして、バレンタインはどう答えるかな…
まあ、失礼ですからね。もちろん聞かなかったことを責めているわけではありませんよ…
ただ純粋に、どう思っているのか知りたいなというだけで。
でもまあロッテ以外のチームのことですし、
本当に聞いたとしても本音が返って来るとも思えませんけどね。
posted by ひりろ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

CMのCM! コマーサル君

ここ最近テレビを眺めているとよく目に付くんですが、

「CMのCM」ってやつ。

いいですね〜。大爆笑です。コマーサル君激萌え〜!!

 「CMにはインパクトが必要だね。…それ、コンパクト!」

…15秒を費やして放たれた高尚なギャグに感動の嵐です。
感動のあまりに思わずつかんだリモコンを握る手がふるえます。

 「コマーシャルをコマーシャルする猿。だからコマーサル。
   …あら!? 今の笑うところなんですけどー!?」


…あまりに大爆笑で、腹がよじれそうです。
よじれてハラワタが最高潮に煮えたぎり、思わず殺意の波動に目覚めるところでした。

 「私ノメッセージ、トドイテマ〜スカ?」

…あまりにコマーサル君がいとおしくて、
思わずふんじばって簀巻きにして東京湾に沈めたくなります。

……。

マジであれって一体誰が喜ぶんでしょうね。何のためにやっているんでしょう。
CMってのはテレビ番組を放送する上で、テレビ局を運営する上で大事な
資金をスポンサーが払うために代償として流すものですよね。
いわば非常に貴重な時間ですよ。それをこんな事のために潰すだなんて…。
これを流す事による損失はどこが補填しているんでしょうね?
どこからお金が出ているのでしょう?

公式サイトらしきところ(www.enjoy-cm.com)を見に行ってみると。
「もう一度CMを良く見つめ直し、その役割を改めて考える」
「テレビを見ている人達にも、もっとテレビCMに興味を持って貰いたい」
とあります。

だ、誰がこんな物を見てCMに興味を…

……いえ。そうですね。肯定的か否定的かはともかく、
確かにこうやってワシも日記につけている以上は
「CMに興味を持っている」事になるのでしょうか。
…見事に釣られましたね。

それに、普段お笑い番組などエラソーに批評しているワシではありますが、
現在普段から提供されている笑いが、いかにハイレベルであるか。
その有難みを忘れているのかもしれません。

普段流されているCMがいかに洗練されたものか、
コマーサル君の存在が、際だたせてくれたのかも知れません。

そう、僕たちは勘違いをしていたようだ…
僕たちは、敢えて道化を演じていたコマーサル君に踊らされていたのだよ!!

 ΩΩΩ < な、なんだって━━━━━━━━━━━━━━━━!!!


…一応言っておきますけど、本気で言っているわけではないですからね。
 これ書いておかないと真に受ける人がいるかもしれませんから…
posted by ひりろ at 23:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。