2005年10月29日

CMのCM! コマーサル君

ここ最近テレビを眺めているとよく目に付くんですが、

「CMのCM」ってやつ。

いいですね〜。大爆笑です。コマーサル君激萌え〜!!

 「CMにはインパクトが必要だね。…それ、コンパクト!」

…15秒を費やして放たれた高尚なギャグに感動の嵐です。
感動のあまりに思わずつかんだリモコンを握る手がふるえます。

 「コマーシャルをコマーシャルする猿。だからコマーサル。
   …あら!? 今の笑うところなんですけどー!?」


…あまりに大爆笑で、腹がよじれそうです。
よじれてハラワタが最高潮に煮えたぎり、思わず殺意の波動に目覚めるところでした。

 「私ノメッセージ、トドイテマ〜スカ?」

…あまりにコマーサル君がいとおしくて、
思わずふんじばって簀巻きにして東京湾に沈めたくなります。

……。

マジであれって一体誰が喜ぶんでしょうね。何のためにやっているんでしょう。
CMってのはテレビ番組を放送する上で、テレビ局を運営する上で大事な
資金をスポンサーが払うために代償として流すものですよね。
いわば非常に貴重な時間ですよ。それをこんな事のために潰すだなんて…。
これを流す事による損失はどこが補填しているんでしょうね?
どこからお金が出ているのでしょう?

公式サイトらしきところ(www.enjoy-cm.com)を見に行ってみると。
「もう一度CMを良く見つめ直し、その役割を改めて考える」
「テレビを見ている人達にも、もっとテレビCMに興味を持って貰いたい」
とあります。

だ、誰がこんな物を見てCMに興味を…

……いえ。そうですね。肯定的か否定的かはともかく、
確かにこうやってワシも日記につけている以上は
「CMに興味を持っている」事になるのでしょうか。
…見事に釣られましたね。

それに、普段お笑い番組などエラソーに批評しているワシではありますが、
現在普段から提供されている笑いが、いかにハイレベルであるか。
その有難みを忘れているのかもしれません。

普段流されているCMがいかに洗練されたものか、
コマーサル君の存在が、際だたせてくれたのかも知れません。

そう、僕たちは勘違いをしていたようだ…
僕たちは、敢えて道化を演じていたコマーサル君に踊らされていたのだよ!!

 ΩΩΩ < な、なんだって━━━━━━━━━━━━━━━━!!!


…一応言っておきますけど、本気で言っているわけではないですからね。
 これ書いておかないと真に受ける人がいるかもしれませんから…
posted by ひりろ at 23:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by at 2006年03月01日 14:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。