2005年10月17日

ロッテ、リーグ優勝!

うーん短期決戦盛り上がるわ〜。面白かった。
一試合一試合が負けられない戦い。良い投手が出てくるし、
試合も期待通り、接戦につぐ接戦で。

2勝2敗で迎えた今日の最終戦も、まさに接戦。
「最後の最後」の瞬間までどうなるか分からない、ドキドキの優勝決定でしたね。
阪神の胴上げは、もうその瞬間には阪神が優勝することはほぼ決まっていて、
あとは時間の問題だったですから…、ちょっと盛り上がり方が異質だよなぁ。

ビールかけの小林雅英、嬉しそうだな〜。
良かったですねぇ、ホント今日も最後ひっくり返されたらどうなっていたことか。

つってもまぁ、これでソフトバンクは二年連続、
レギュラーシーズン1位でリーグ優勝できないという…(ノД`)
うーん、この制度はこれでいいのかというのはやはり問題であって。難しいですね。
せめて、ゲーム差に関わらずアドバンテージは付けてあげたいかなぁ。

個人的な理由があって密かに応援しているロッテ・早坂に活躍の機会があって嬉しかったです。
優勝の瞬間に井上純が守っていたのも、横浜ファンとしてはちょっとニヤっとしてしまいました。
最後は守備固めどころか初芝がサードを守ってましたし、ロッテは総力戦でしたね〜。


初芝の引退をノムさんが惜しい惜しいと言ってましたが…
まあ確かに、ちょっと日本は引退を急かすような所があるような気がしないでもなかったり。
30歳を過ぎて衰えが見えると、すぐに引退するしないって話になってくるもんなぁ。
広島の野村謙二郎なんかにしても、
まだ出来るんじゃないのかな〜とか思っていたのですよねぇ。
…まあ2000本安打を達成してからもスタメンで使われることに
不快だったファンもいたようですけど、
まだ代打・控えでやろうと思えばできそうな感じはするのですよね。
代打なら、後進の道を閉ざすなんて心配もあまりなく、戦力にもなれるんじゃないかと。
野村の場合は怪我という問題もあるかもしれませんけど。

ただベテランが細々と活躍する上で問題になるのは、年俸の事ですよね。
実績なんてあんまり考えず、実力・仕事に見合った年俸ならいいと思うんですよ。
年俸減額制限ってのは、ちょっとプロとしておかしいと思うんだよなぁ。
よく「税金が払えない」なんて言っているのを聞くけど、
税金というのはその年の収入に応じてかかる物であって、
所得の4割を超えることは無いんですから。
それを翌年税金を払う時になって「払えない」だなんて、
そんなの使っちゃう方が悪いんでしょうが。
税金が取られるのは最初から分かっているんですから。
お母さんから1000円渡されておつかいに行って、思わずオモチャ買っちゃって
「買い物するオカネが無いよ〜」って泣いているようなもんなのだわ。
…まあともかく、年俸2000万とかで働く気があるのならまだ十分に出来るのに
やめちゃう人は多いよな〜…って。

ただ、稼ぐと言うことならそれまでの選手生活で十分稼いだんでしょうし、
衰えているのに続けるのはつらいという気持ちもあるかもしれませんし。
長く選手を続けることが、必ずしもその人の幸せということにはならないんでしょうけどね。
人にもよるんでしょうね。


と、思わず関係ない話を始めてしまいましたが、とにかくロッテおめでとうですよ。
井口のホワイトソックスもリーグ優勝、ワールドシリーズ進出ですね〜。おめでとうです。


…で、何か安くなるの? ロッテリア?(ぉぃ
posted by ひりろ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8270892

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。