2005年09月24日

決戦は千秋楽へ

琴欧州硬くなってましたね〜。
やっぱり琴欧州も人の子だったという感じで、ちょっと安心するような…妙な感覚を覚えました。

しかしこのままですと、また朝青龍の優勝の可能性が高くなりましたね。
6場所連続優勝で朝青龍が独走し続けるというのも、ちょっと面白くないですね。

かと言って、琴欧州があっさり優勝して、スピード優勝記録を大幅更新って言うのも。
それはそれでどうなんだ?という気がしなくもないのです。

ここは稀勢の里に頑張って貰うしかありませんね…。

別に外国人だからどうこうとか言う気は無いんですけど、
強者にも少しは「産みの苦しみ」みたいな物を味わっていただきませんとね!



ところで。
サッカーJ1の天王山、ガンバ大阪×鹿島アントラーズの試合はかなりの熱戦だったようですね。
こういう試合こそ地上波でやって欲しいもんですが。
posted by ひりろ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。