2005年08月26日

描け麻、総括…?

 描け麻雀のお話のし収めに、過去の闘牌歴でも振り返ってみましょ。




 成績的には上出来だと思いますが…
 役満上がりたかったなぁ〜。結構みんな上がってたのに、結局一度も上がれなかった。

 描け麻雀には、役満達成者が全員に一枚描かせられるご祝儀があるわけですが… これって物凄いアドバンテージですよ? 何せ、4回トップを取ったのと同等以上の価値があるんですから!(ご祝儀3枚+トップ) どんなウマやチップの取り決めだって、こんなに凄いのはありませんよ!?
 「麻雀」より「描け」を重視するとか言っているなら、なおのことです。だからもーちょっと無理してでも役満を狙うべきだったなぁと。まあ分かってはいたんですが、実践するまでには至りませんでしたね〜。…つってもまあ、他人に描かすこと自体にそんなに固執しているわけでもないですが。強いて言えば、他人にそう易々と役満を上がらせないことが大事かも知れません。

 元々役満狙う打ち方じゃないんでね。身に染みついちゃった物はなかなか変えられる物ではないですわ。役満の可能性があっても、満貫ぐらいで早く上がれそうな道が有ればそっちに向かっちゃうからなぁ。
 対子手はあんまり好きじゃないですし、対子手に行く時も大体早い段階でチートイかトイトイか決めてしまって、トイトイの時は出たら即ポンしちゃうからなぁ。四暗刻にならないんですよね。
 でもねー。九種九牌は元々倒さない人なんで、国士無双は狙えない事はなかったと思うんですがね。九種九牌は好配牌の部類だと思うんだけどナァ…。せいぜいトップの時に断腸の思いで倒すぐらいのもんです(描け麻雀では一度もありませんでしたが)。国士狙いは早々にダメになっても混一・混老・チートイあたりに手変わりできるし、それも無理なら降りればいいだけのこと、降りるのも幺九牌が多いのでタンピン手作っている時より遙かに楽です。まあ手変わりまで含めても上がれる可能性はかなり低いですが、上がりまで行けば大体5200点以上の手にはなりますからね。もっとクズみたいな配牌はいくらでもあると思うんですよね。
 九種九牌は実際の所、理論的に検証したら勝負の上で倒すのと倒さないのどちらが有利か… それは知らないんですけど。まあ何だかんだ言って、ワシも面白いから狙っているという面が強いのかも。不利な気はしない、と言ったところでそれは感覚的なものでしかないんですよね。
 大三元はマジで上がる機会は有ったなあ。小三元でヨシとしちゃうからなぁ…。

 まあアレです、さんの役満達成者一覧表に名前を残さないとうのも、ワシらしいかな…(ノ∀`)


 グラフを見ると、最初の下り坂がすごい。あの時は一晩でお題を3つ頂戴したりして強烈でしたねぇ。今思えば、よくあの時点で描け麻雀をやめなかったもんだw。いや、下り坂の前の上り坂が無ければ、本当にすぐに去っていただろうな〜。その3つのお題のうち2つは住職様に出されたんだよな。さんやおすしさんなんかもそうだけど、どうもワシは副露して速攻かけてくる人に弱い気が。まあさんやおすしさんには描かされたことは無かったはずですが、これはたまたまという印象ですね。鳴いている人への警戒が甘いのか。決して警戒が緩くなっているツモリはないんですが…どうも調子狂うというか。うーん、わしが最近主流の麻雀に対応できていないってことかな。スピードについていけていないことに焦っちゃっているのかも。
 特に描け麻雀では、他人に役満を上がらせない意味で、スピードはより重要かもしれませんね。実際ちょっと食い仕掛けの割合を上げようかなあなんて試みたりしたんですが、あんまり上手く出来なかったなぁ。取り組み方も中途半端でしたが。

 しかしどうも東風荘には「波」があるように思いますねぇ。調子がよいと、配牌タンピンリャンシャンテンとか、配牌ドラ3とか、配牌役牌2対子+索子6枚とか、配牌白發中オール対子とか、そんな手ばっかり入ってくる気がするんだよなぁ。かといって不調の時は酷い配牌ばかり来るかというと…そんなことはなくて。(強いて言えば他人のリーチ直後に一発で当たり牌を引いてくるとか、その後も危険牌ばかり引いてくるような気がしますが、これはきっと気のせい(笑)。)「不調」の時ってのは、配牌がひどいというより、自分にフィーバーが来ない状態で他人にフィーバーが来ているから負ける、って感じがするんすよね。フィーバーの人が卓にいなければ自分にフィーバーが来ていなくてもまだかわせるかな?みたいな。
 まー全部気のせいかもしれませんが。リアルラックの範囲内のことに無理に理由付けしようとしているだけかもしれませんね。あるいは好不調なんてのは結局、自分のバイオリズムに依るところが大きかったりして。

 最高で1000点に達していたんだなぁ。ぴったり1000点ってのが気持ちいいっすね。でも最終的には割り込んでしまっているところがちょっと気持ち悪いと言えば気持ち悪い(;´Д`)
 142試合かぁ。長いような短いような…ですが、飽きっぽいワシにしてはよく続いた方かもしれんです(´∀`)
posted by ひりろ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6243169

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。