2005年08月21日

甲子園盛り上がりましたなぁ

 高校野球、駒大苫小牧連覇おめでと〜。雪深い北海道の高校の連覇はお見事よね。実力のある投手が複数いるチームは、勝ち上がって日程が詰まってくるにつれて有利になってきますやね〜。でも、投手が複数いると…、地方大会も含めて1試合負けると終わりな戦いの中で、2番手以下の投手を登板させるのは基本的には難しいですよね。監督はもちろん、選手にとってもプレッシャーでしょう。
 それにしても甲子園には辻内君に限らず、なかなかいい投手がいましたなぁ。「今年のドラフトは豊作」と言われるだけの事はあるやね。てゆーか140キロ台後半を投げる投手なんて高校生ではなかなかいるもんじゃないと思うんですが、結構いたねぇ。駒大苫小牧では、松橋君も田中君も揃って150キロ近い球が投げられるんだから驚きだわ。吉岡君も含めて三人も十分な実力のある投手がいるんだから、躊躇無く交互に使うことが出来るよなぁ。てか、田中君はまだ2年生なのねぇ…。

・・・・


 ベイスターズ門倉投手。12球団からの勝利おめでと〜。
 孤高の渡り鳥の選手だからこその称号であった「全球団勝利」を門倉なんぞが達成してしまいました。交流戦のおかげで、長く続けている先発投手は一度でも移籍すれば誰にでも達成できる可能性があるようになりましたねぇ。今までは公式戦で全球団から勝ち星を挙げるためには、最低でもセリーグ2球団・パリーグ2球団に在籍しなくちゃならなかったわけで。移籍の活発じゃない日本球界において、勝ち星を挙げれる投手がそんなに球団を渡り歩くと言うこと自体が珍しいのですから、それこそ珍記録だったわけですが。
 …って「門倉なんぞ」って俺は何様よって感じですけどね。まして今年の門倉は素晴らしく、三浦と双璧のエース級の働きをしてくれているっていうのに。でも若手だった頃はともかく、最近の門倉はハッキリ言って毎年ローテーション5〜6番目、ローテ「候補」の選手だったんですよね。今年も開幕時は、横浜の台所事情だからこそローテ入り確定、ぐらいの感じだったと思います。門倉が頼れる投手になってくれたのは横浜にとって本当に大きいですね。というわけで門倉様失礼な事を言ってごめんなさい、いくら交流戦が出来たからって12球団勝利なんて決して簡単なことではありませんよね。今後とも門倉様、素晴らしいピッチングを期待しております〜(;´∀`)
posted by ひりろ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6097855

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。