2005年11月16日

サッカー:日本 1-0 アンゴラ

 いやー、なかなか点が入らなかったけど、ホント勝って良かった。終了間際の松井のヘディングシュートで何とか勝てましたね。

 アンゴラは引いて守るサッカー。特に前半はアンゴラの動きが鈍くて、日本が何度もチャンスを作りまくってました。アンゴラの方は遠い所からのミドルシュートばかり。キック自体は鋭いので、強烈なシュートが行くところは日本と違いますが…、大半はふかして枠の外だったので、驚異ではありませんでしたね。立ち上がりは「ああ、随分格下の相手だなぁ…」とか思わされたんですが。

 ところが点が入らないまま後半になると、逆にアンゴラの方が動きが良くなります。アンゴラはカット狙いの意識なのかゾーンを固めていて、真ん中あたりではあまりプレスをかけてきません。これに日本のパスサッカーは微妙に封じ込まれていた感じ。パスを出そうにも出しどころが無くて、ワンツーなどで崩そうとしてもなかなかつながらずに、カットされてしまいます。うーんこうなった場合、ドリブル突破が求められるのか、より高い水準のパスワークが求められるのか。まあそれ以前に、相手が引いているのに押し上げが足りなかったって事なんでしょうかね。

 得点が入らなかったらかなり重い雰囲気になっていた事でしょうね。得点が入ったからと言って、課題が無くなるってわけではないんですけど。相変わらずFWが点を取れないのも問題ですが… こんな事を言うのも今更、よね。
 とりあえず今年最後の代表戦勝って終わったことは、ただ見ているだけのファンとしては気持ちよく今年を終えれるということで、素直に喜んでおきましょう。松井良かったよ松井。さすが5000万ドルの男! え、違う? 違うか。…ゴメンねベタで。

 あと、新ユニフォームは背番号が読みやすかった。

 それはそうと、メインエベント、ヒデさんインタビューは〜??
 TBSバージョン、どんな質問が飛ぶのか楽しみにしていたのに〜!!
 うーむハーフタイムの日本のミーティングが長引いたそうで…そのせいで時間が無くなりましたか!? これは何者かによって仕組まれた策略だなっ!?

 全く、TBSは駄目だな!!!

 まあ良い、今日のメインエベントはあややの君が代だったということで勝手に納得しておこう。

 改めて聞いてみようと思ったら… あややの君が代の部分を録画したファイル、間違って削除しちゃった ○| ̄|_

 でもあれだ、中居正広の君が代にはまだまだ及びませんよね。伝説の域には達していないでしょう…


 バレーボールは韓国に3セット連取で勝ったのですねぇ。サッカーの日とかぶせないでくれれば良かったのに。
posted by ひりろ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。