2005年09月30日

楽天ふざけるな

おはようございます。今日は、一度は書くのをやめた楽天のお話を。

今年の楽天ゴールデンイーグルスの収支が黒字になったそうで…
それを受けての球団社長のコメントにあきれ果てたので、思わず長文炸裂です。

昨日29日の朝日新聞の朝刊から。
>(島田亨球団社長)
>「今までの野球界にはビジネスの視点が欠けていた。
> 当たり前の感覚でビジネスをしてきたら、球界の常識が覆った」


何でしょうかこのコメントは。
もうこれは客を舐めているとか言いようが有りませんね。
朝日のスポーツ面の方でもちょっとだけ触れていましたが…、これはとてもおかしいです。

まあ、一年目で黒字経営は立派といえば立派ですよ。
営業面など色々な努力はあったからこその、黒字決算でしょう。
実際、広告を取るためにかなりの努力をしていたようで、
地元からの広告収入が相当大きかったらしく、その点に関してはお見事です。
参入する上で、健全経営をして、またすぐに手放すなんて事にならないようにするというのは
大事な条件の一つだったとは思います。

ワシの愛する横浜なんてここ最近は毎年10億円規模の赤字を出しているみたいですから、
楽天は上手くやったと言えるかもしれません。

でもね、黒字ならいいってもんじゃないでしょう。

リーグ戦を行う一球団を運営する「権利」は、
球界の共有財産の側面があり、単なる商売の材料ではないんですよ。

いやまあ商売的な面が無いとは言いません、
そういう面もソロバンで弾いた上で、企業はスポンサードするんでしょうから。
でも、商売メインの運営であってはいけないと思うんですよ。
読売だってそういう点でオリックスにケチつけたりしていたじゃないですか。

仮に黒字にさえすればいいんだったら、
協約で定められた最低年俸440万円の選手(能力不問)10人程度でチームを組めば確実です。
球場は公営の物を間借りするか、自前で持つなら命名権を売り払いましょう。
練習施設なんて要りません。地方への移動はマイクロバスで深夜の高速道路を走りましょう。
主な収入は、主催試合の入場料、放映権料など…
ビジター(アウェイ)のチーム目当てや物好きな人が金を払ってくれます。
ついでに二軍の命名権も売りましょう、二軍の試合に一軍の選手が出場する必要がありますが。
ハイ、これで黒字になるでしょうね。130敗しますけど。

でも一球団にそんな事をされたら、リーグ戦の価値を著しく落としてしまいます。
ですから、マジメに勝ちに行ってくれないと困るんですよ。
とまあ極端な例を出しましたが、程度こそ違いますけど同じベクトルの話だと思うのですよ。

これだけ負けておいて黒字だなんて胸を張っているのは、ちゃんちゃらおかしいです。
球団社長がコメントするなら、
「せっかく暖かいご声援をいただいたのに、このようなふがいない成績で申し訳有りません。
 皆様の厚いご支援のおかげで今期は黒字になることが出来ました。
 来年はこの資金を元にさらなる戦力アップをお約束いたしますので、
 より一層のご声援をよろしくお願いいたします。」

ぐらいの事が言えないんですかね。

「球界の常識が覆った」どころか、楽天が「球界の常識をないがしろにしている」だけです。
「儲かりさえすればチームが弱くてもいい」、こんな経営をしているようでは
新規参入させる球団としてふさわしくないのではないですか?
あの新規参入の時の審査はなんだったのでしょうか。
他のパの球団は楽天を批判したっておかしくないと思いますけどね。
選手供出での協力体制のことなどで腰が引けてしまうかも知れませんが。

従来の「古い」球団は、確かにお金の使い方で無駄なことをしているかもしれません。
そういう部分に新しい風を吹き込んで、よりお金をかけずにチームを強くしていけるのなら
それはとても立派なことだと思います。是非そう言うテストケースを示して欲しいです。
でも楽天は今の時点では、ただお金をかけていないというだけじゃないですか。
胸を張るなら黒字経営で優勝してみせてから胸を張って欲しいもんですね。

他の球団は、オーナー企業が広告塔としてのメリットの見返りに資金を注ぎ込んで、
それを元に球団を運営しているわけじゃないですか。
楽天だって社名が売れた広告効果が有ったのなら、それに応じたお金は出せるはずですよ。
独立採算にこだわるのならそれも結構ですけど、
独立採算制なら、できれば球団名は「楽天」ではなく「仙台」や「東北」にして欲しいところです。
「楽天」の名前でやるのでしたら、少しはお金を出してもいいんじゃないですか?

今のまんまじゃ、いつまでたっても優勝争いなんか出来やしませんよ。
まあ助っ人外人が当たりさえすれば、来年にも最下位は脱出できるかもしれませんが。
そんなのは付け焼き刃の底上げであって、チーム力は高まっていきません。
ドラフト等を上手く使って徐々にチーム力を高めて行ければいいですが、
軌道に乗れなければ観客もそのうち呆れて減っていくことでしょうし…どうなりますかね。

まあ私も野球選手の年俸は高騰しすぎていると思います。
多くの球団が10億レベルの赤字を親会社に補填して貰っている状況は、不健全だと思います。
選手の年俸の抑制は、球界全体で話し合うべき事でしょう。
あまり球団によって給料の相場が違ってしまっては問題もあります。
FAやドラフトという制度もありますし、バランスを取るのは難しいです。
自由競争か、戦力均衡か…これは難しいテーマですね。

でも、最悪金がなければ選手を片っ端から首にしてチームをボロボロにすればいいだけのこと…
それが(社会通念的に)出来ないからこそ、どのチームも赤字でキュウキュウ言ってたり、
身売りに追い込まれたりするのではないですか。
それを最初っからボロボロの楽天が、何を誇っているのやら、といった感じです。

そもそも黒字経営の収入部分にしたって、どの程度球団の手柄でしょう?
確かに広告集めやグッズ戦略・経費節減など、色々努力はしたかもしれません。
でも、もともと地元に応援の気運が高まって、
集客がそこそこ良くて広告も取れ、グッズが売れたりなどしたのは、
新規参入の流れで注目をされたことが大きかったのだと思いますよ。
仮にライブドアが参入したとしても、客は入っていたことでしょう。


田尾監督の件ですが…。
多くの人が思っている事でしょうし、もはや今更語ることでもないかもしれませんが。
こんなにすぐ首を切るんだったら、何のための3年契約だったのかと。
違約金の発生しない形の、自由に逃がさない為だけの契約だったという話ですが…
そんなに田尾監督にすぐに結果を出すことを望んでいたんでしょうか。
なんで最初から経験豊富な人にやらせなかったんでしょうか。
そんなに田尾采配が気に入らなかったんでしょうか。

ただ、個人的には、田尾監督にも結構どうかなと思うところがあります。
特にいつまでもロペス4番にしていたのとか。
あと礒部1番ってのも…支持する人も多かったみたいですが、個人的にはかなりウーンという所です。
鷹野を中軸で使っている所なんかも…
何というか、名前重視で打線組んでるなぁとか思わざるを得なかったり。
選手の力量を見極めて期待をかけるのは結構なことですけど、
結果が出ないのにいつまでも4番5番に置いておくのは、激しくどうかと思うのです。

つってもまぁ、ワシなんぞはそんなに試合見ていたわけじゃないので。
ベンチワークのこととかは分かりません。
相当エンドランを多用するみたいですけど、でも多分、そーゆーのは割と些細なことかな、と。
投手起用がスクランブルになるのも、あの層の薄さでは仕方がないかと思います。

…と、何故か話が田尾批判の方向に向いてしまいましたが、
でも田尾監督は広告塔としての役割は十分に果たしていたのではないでしょうか?
プロというのは、お客さんが見てくれてナンボなんですから、いわゆる外面も大切だと思いますよ。
黒字収支における田尾監督の功績というのは評価されないんですかね?
まあ球団職員が
>監督が辞めたら、楽天のファンをやめる人がいると思いますか。
>10日たったら忘れますよ。

なんて言っているんですから(これも数日前の朝日新聞より)、そんなの期待するだけ無駄ですか。
少なくとも、手を付けるべき所は監督の首ではないと思います。
田尾監督より野村監督の方が采配の手腕は上かも知れませんが、
契約を途中でうち切ってまでやる事ではないと思いますよ。

しかし、この球団職員のコメントも、ファンを舐めていますよね…。
大体、チームの成績よりもチームの収支の方が大事なので有れば、
ファンに支持されている田尾監督の評価こそ、高くなければいけないのではないですか?


まあ監督解任など諸々の件で、
「楽天」は何やっているんだということで
「イーグルス」びいきが強まる側面も、少しはあるかもしれません。
親会社が、ロクに支援もせずに勝手なことばっかり言って、勝手な人事をする。
そんな中で現場はまさに孤軍奮闘。同情の一つもしたくなります。
まさかそこまで計算の上なのではないか…!? …なんてね。
80敗程度でさりげなく最下位になるより、
どうしようもなく弱くて100敗するんじゃないか…ぐらいの方が
かえって目立てたのかもしれません。

その上で、「黒字だ!すごいだろう!」と誇ってみせれば、
「おお!楽天ってすごいな!」と純粋に思ってしまうかもしれませんね。
特に野球に興味の薄い人が耳にしたら。

そんな風に、楽天側にいい方に解釈しますと。
仮に今期初めから野村監督でスタートしていたとして、
90敗ぐらいの結果だとしたら…どうだったでしょうね。
監督の首をすげ替える技も、田尾監督に比べると使いづらくなるでしょう。
一方では野村氏の手腕を疑う声も少なからず出てくるかもしれません。
おのずと、二年目の注目度は落ちていくことでしょう。

しかし、今年97敗で田尾監督を切って、もし来期野村監督で90敗したとしたら。
今期に比べてマシって事で、野村体制にそれほど傷は付きません。
再来年には更に、少しずつ強くなってくれよ…という雰囲気になってくれるかも?

逆に万一来年100敗しちゃったら? 悪者になるのは、楽天球団よりまず先に
野村監督の方でしょうね。マスコミも連日楽天の名前を取り上げてくれるでしょう。

もしかしたら田尾監督はダシに使われたのかもしれませんね。


そんな風に全て計算ずくでやっていたのなら、それはそれで凄いことですね。
でも、いずれにしたって楽天のやり方は、もっと批判されていいと思いますよ。
このままでは仙台のファンが可哀想ですよ。
今の楽天の状況は、
あの新規参入の時にさんざん論じられた「本気で球団を経営する気があるのか」
「商売の道具にしていないか」という部分に抵触していると思うのですが。
「健全経営ですぐに手放さない」ということも重要かとは思いますが、
これではねー。
むしろ野球界という文化財を、一企業の金儲けのために食い物にされていると
形容してもいいような状態ではないかと思うのですよ。ハッキリ言って。

読売と楽天は親しいようなので、
この際朝日新聞には頑張って叩いてもらいたいもんですね。

まあ、「全て楽天の計算説」はさすがに無いよな…。
企業のイメージだってどう転ぶか分かりませんし、
そんなことまで進んでやるヤツはさすがにいないでしょう。
むしろ純粋に想像するなら…、責任を明確にするとかなんとかゆーやつで、
責任者はレポート書いたりしなくちゃいけない、なんて部分に原因はないかな、とか。
田尾監督もレポート出したみたいですし、
三木谷さんはレポートで納得行く説明がないと気が済まない人なのかも。
んで、結局責任者は低迷の理由付けをしなければ…ってんで、
「トップを取り替える」という結論に持って行かざるを得なかったんじゃないか…なーんて。
楽天という会社は楽天という会社で歪んでいるのではないかと思えてなりませんね。


サッカーの方も、何だかんだ言っても神戸はそれなりに目立っているわけですが…
カズとかイルハンとか入れてみたりして。
ま、イルハンは高い金かけたのに全く働きませんでしたし、
監督の首をすげ替えまくっているのも、もはやメチャクチャですけど。
それでも注目されれば楽天的にはOK…なのでしょうか?

でも、もう神戸はJ2陥落がかなり濃厚な雰囲気ですなぁ。
果たして今後神戸が凋落し続けていったら、楽天企業はどうするんでしょうね。
野球は降格が無くて良かったですね…。
サッカーはチームが弱くなり続ければどんどんじり貧ですし、経営審査体制も厳しいですが、
野球はとりあえずなりふり構わず身の丈経営していれば、破綻はしないでしょうからね。

楽天は清原を呼ぶ気満々との噂ですが、ま、サッカーと似たような話ですね。


こないだ、パベル監督とか三浦淳とかがビラ配りだの学校訪問など
している映像を見ましたけど、なんか泣けてきますね…。

とりとめ有りませんが、今日はこんなところで。



あ、阪神タイガース優勝おめでとね。
posted by ひりろ at 08:33| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。