2005年09月01日

牛島ベイスターズ打線

 横浜ベイスターズ。
 今日は藤田選手がいきなりの三塁スタメン抜擢、プロ入り初安打・初タイムリーを記録しました。おめでと〜。しかし藤田がいきなり起用されるとはね。

 牛島監督の采配についてですが…、前任監督と比べるとマトモでw、基本的に見ていて文句を言うほどでもないんですが。(ネタとしてはあまり面白くないんですけどねーw)

 でもちょっと不満なのが、打線を固定しすぎなんじゃないかな〜、と。
 ワシは野球でレギュラー固定する意味はほとんど無いという考えの持ち主だったりします。選手側にしても、毎日出続けることにそれほどメリットは無いと思うんですよね。打線のつながりというのは確かにありますが、それほど連携が必要だったりするわけでもないですし、その時その時にできていく物でも十分なのではないかな、と。逆にレギュラーが固定されることで、相手バッテリーが対策しやすいという面も、多少はあるのではないでしょうか。
 絶対的なレギュラーは別としても、その回りを固める選手は、もっと相手投手との相性とか見て、組み替えていいんじゃないかと思います。その方が選手にも緊張感も生まれるでしょうし、連戦の休みを取ったりベンチで色々考えたりすることにも意義があるんじゃないかと。控え選手の中に、紙一重で芽が出るのを待っている選手も潜んでいるかも知れません。練習の出来の良さでは必ずしも実力は計れないですから、いろんな選手を試してみる意味はあると思います。

 権藤政権の時もほぼ打線は固定でしたが…、まああの時はレギュラーがしっかりしていたからなぁ。そんな中で金城はわずかな機会を見事に物にして、レギュラーに割って入ってくれました。

 今で言えば、佐伯・小池・村田といったところ。決してダメな成績ではないんですが、固定して使うほどなのかなぁ?と。
 佐伯なんかはツープラトンで使った方がいいのかもしれません。(今年の場合誰と併用するのかと言うのも問題ですが。)投手に声をかける役で一塁固定は外せないということがあっても、打順は動かしてみても構わないと思うんですけど。
 小池とか、確かに今年使い続けていることが、今後のさらなる開花の為になるかもしれません。でも、例えば3試合に2試合程度の使い方だったり、不調の時に一時外したりしても、それほど育成効果が落ちるとも思えないんですよね。それに、小池よりは期待度は落ちるのかもしれませんが、開花が期待できる選手が他にも沢山いるわけで。いや、いると思いますよ実際。
 そういった意味で…今日の藤田選手の三塁起用はちょっと楽しみを感じさせる物ではありました。藤田選手が今後開花してくれるかどうかは分かりませんけど。
 牛島監督はどこぞの監督と違って来期の契約も安泰なんですから、優勝もほぼなくなった今となっては、どんどん色んな選手を試していって欲しいですね。見ている一ファンとしてもその方が面白いです。(まあ今固定して使われている選手のファンの方には申し訳ないですけど。)
posted by ひりろ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。